文科省「学校運営のためのガイドライン」作成…コロナ対応

 文部科学省は2020年6月5日、「新型コロナウイルス感染症に対応した持続的な学校運営のためのガイドライン」を公開した。学校における感染症対策の考え方、感染者が発生した場合や児童生徒の出席に関する対応、臨時休業の実施、学習指導などについて定めている。

教育業界ニュース 文部科学省
新型コロナウイルス感染症に対応した持続的な学校運営のためのガイドライン
  • 新型コロナウイルス感染症に対応した持続的な学校運営のためのガイドライン
 文部科学省は2020年6月5日、「新型コロナウイルス感染症に対応した持続的な学校運営のためのガイドライン」を公開した。学校における感染症対策の考え方、感染者が発生した場合や児童生徒の出席に関する対応、臨時休業の実施、学習指導などについて定めている。

 「新型コロナウイルス感染症に対応した持続的な学校運営のためのガイドライン」は、持続的に児童生徒などの教育を受ける権利を保障していくため、学校における感染およびその拡大のリスクを可能な限り低減したうえで学校運営を継続していくための指針を示すもの。

リシードで全文を読む
《桑田あや》

【注目の記事】

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)