今夜は「中秋の名月」8年ぶりの満月、天気は?

 2021年9月21日は、秋の風物詩「中秋の名月」。8年ぶりに満月と重なるため、2021年は丸い名月を眺めることができる。全国的に秋晴れのエリアが多く、東北や北陸、山陰を中心に広い地域で十五夜の月を楽しむことができそうだ。

生活・健康 その他
中秋の名月 2021年9月21日 21時ごろ 東京の星空 (c) 国立天文台天文情報センター
  • 中秋の名月 2021年9月21日 21時ごろ 東京の星空 (c) 国立天文台天文情報センター
  • 満月・中秋の名月の天気予想
 2021年9月21日は、秋の風物詩「中秋の名月」。8年ぶりに満月と重なるため、2021年は丸い名月を眺めることができる。全国的に秋晴れのエリアが多く、東北や北陸、山陰を中心に広い地域で十五夜の月を楽しむことができそうだ。

 国立天文台によると、「中秋の名月」をめでる習慣は、平安時代に中国から伝わったと言われている。太陰太陽暦の8月15日の夜に見える月のことを指し「十五夜」と呼ばれる他、農業の行事と結び付いて「芋名月」と呼ばれることもある。

 「中秋の名月」は必ずしも満月とは限らない。満月と同じ日付となるのは8年ぶり。アストロアーツによると、中秋の名月と満月は2022年と2023年も一致するが、その次に一致するのは2030年になる。

 ウェザーニュースでは、「中秋の名月」にあわせて9月21日夜の天気予報を発表している。高気圧に覆われて秋晴れのエリアが多くなり、東北や北陸、山陰を中心に晴れ、広い地域でお月見を楽しむことができそう。ただ、関東や東海等の太平洋側は雲が広がりやすく、北海道は道東を中心に薄雲越しの満月になりそうだという。
《奥山直美》

この記事はいかがでしたか?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

【注目の記事】

特集

編集部おすすめの記事

特集

page top