JAL×ベネッセ、地方発航空券+宿泊セット「大学受験応援パック」発売

教育・受験 高校生

JALで行く 大学受験応援パック 東京
  • JALで行く 大学受験応援パック 東京
  • 「JALで行く 大学受験応援パック 東京」 受験生にうれしいポイント
  • 「JALで行く 大学受験応援パック 東京」 受験生にうれしいポイント
  • 「JALで行く 大学受験応援パック 東京」 受験生にうれしいポイント
  • 「JALで行く 大学受験応援パック 東京」 受験大学から宿泊先を選択できる
 JALとベネッセは、首都圏の大学を目指す受験生を対象に、地方の各空港から羽田空港までの往復航空券と宿泊がセットになった「JALで行く 大学受験応援パック 東京」を発売する。対象期間は2018年2月・3月。プランは受験日に合わせて期間中毎日利用できる。

 パックには往復航空券とホテル宿泊がセットになっているほか、受験生が当日ベストなコンディションでのぞめるよう、さまざまな特典が付いている。航空券は、座席に空きがある場合に限り追加料金2,000円で「クラスJ」に変更可能。ホテルは試験会場へ利便性の高いターミナル駅の近くなど、アクセスが良いホテルをラインアップし、勉強ができる机や電気スタンド、加湿器がある部屋など集中して試験対策に取り組める部屋を用意している。

 さらに、現役大学生が入試直前の過ごし方をアドバイスしたベネッセオリジナル「受験生合格祈願直前応援BOOK」が付いてくるほか、京浜急行線「羽田空港国内線ターミナル駅」から「品川(泉岳寺)駅」または「横浜駅」のどちらか1往復できる「京急羽得きっぷ」付き。Suica1,500円分か2,000円のタクシー券、空港売店で使える2,000円分のクーポンから1つ選ぶことができるなど、受験当日に向けて移動から宿泊までトータルでサポートするプランになっている。

 旅程は2日間~5日間から選択可能。旅行代金は、旅程2日間・東京グリーンホテル後楽園利用時で、大阪発が22,000円~30,000円、福岡発が32,500円~44,000円、札幌発が37,000円~44,500円など。JALのWebサイトでは、パックの詳細のほか、首都圏のおもな大学・キャンパス別にアクセスの良いホテルや、各ホテルの客室設備なども詳しく紹介している。

 対象期間は、受験シーズン本番となる2018年2月1日から3月16日の出発分。受験生1名での利用のほか、付き添いの保護者と一緒に利用することも可能。申込み受付は出発日前日から起算して7日前の午後9時29分まで。なお、旅行開始日の前日から起算して21日前までは取消料なしでキャンセル可能。座席やホテルにも限りがあるため、受験スケジュールが決まり次第早めの予約をお勧めする。

◆JALで行く 大学受験応援パック 東京
出発日:2018年2月1日(木)~3月16日(金)の毎日発
出発地:大阪、福岡、札幌、女満別、旭川、釧路、帯広、函館、青森、三沢、秋田、小松、岡山、広島、出雲、山口宇部、高松、徳島、松山、高知、北九州、大分、長崎、熊本、宮崎、鹿児島、沖縄
参加条件:大学受験をする本人と同行する保護者限定
旅費:出発地や出発日、旅程日数、宿泊先により異なる
《畑山望》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)