【夏休み2019】小中学生対象「ロボットアイデアコンテスト」8/1より作品募集

 アフレルは、小中学生を対象とした「夏休みロボットアイデアコンテスト2019」を開催する。「未来のまち」をテーマに、レゴのロボット・プログラミング教材である教育版レゴマインドストームとレゴWeDo2.0を用いた作品を2019年8月1日より募集する。

教育ICT 小学生
夏休みロボットアイデアコンテスト2019
  • 夏休みロボットアイデアコンテスト2019
  • 教育版レゴマインドストームEV3 for home by アフレル デビューセット
  • レゴWeDo 2.0 for home by アフレル
  • 審査員
  • 夏スキルUP大作戦キャンペーン
 アフレルは、小中学生を対象とした「夏休みロボットアイデアコンテスト2019」を開催する。「未来のまち」をテーマに、レゴのロボット・プログラミング教材である教育版レゴマインドストームとレゴWeDo2.0を用いた作品を2019年8月1日より募集する。

 アフレルでは、子どもたちが楽しくロボット・プログラミングに取り組みながら問題を見出し、解決策を考え、自らの思いを形にする深い学びの実現を後押しする場として、2016年より「夏休みロボットアイデアコンテスト」を開催している。

 教育版レゴマインドストームEV3またはNXTで作成する小学3年生から中学3年生対象「教育版レゴマインドストーム部門」と、レゴWeDo2.0基本セットで作成する5歳から小学6年生対象「レゴWeDo2.0部門」の2部門があり、共通のテーマに沿ったロボット作品を募集する。4回目の開催となる2019年のテーマは「未来のまち」。

 審査員による審査で各賞を決定する。最優秀賞(各部門1名)受賞者には教育版レゴマインドストームEV3基本セット、優秀賞(各部門2名)受賞者にはアフレルオリジナル図書カード3,000円分とLEGOストレージBOX、応募者全員に参加賞としてSPIKEプライムステッカーが贈られる。

 応募の流れは、コンテスト特設サイトにてエントリー後、メールにて送付される専用URLに作品動画をアップロードし、アイデアシートを郵送で送付する。応募期間は8月1日から31日。結果発表は9月末ごろを予定。

 またアフレルは、コンテスト指定教材が特典付きで購入できる「夏スキルUP大作戦キャンペーン」を実施。EV3のセットにはテーマ探しに役立つ「自由研究日めくりミッション30」、WeDo2.0のセットにはアフレルオリジナルモデル「うさぎさん」の組立図や課題を掲載した発展ワークブック、どちらのセットにも夏休みのお出かけが楽しくなるレゴのレジャーアイテムなどがついてくる。期間は8月18日注文受付分まで。詳細は、キャンペーンサイトにて確認できる。

◆夏休みロボットアイデアコンテスト2019
応募期間:2019年8月1日(木)~8月31日(土)
対象:
<レゴWeDo2.0部門>5歳~小学6年生
<教育版レゴマインドストーム部門>小学3年生~中学3年生
応募方法:コンテスト特設サイトにてエントリー後、メールにて送付される専用URLに作品動画をアップロードし、アイデアシートを郵送で送付する
結果発表:2019年9月末ごろを予定
《桑田あや》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)