新しい時代の教育を…通信制高校「ワオ高等学校」2021年4月開校

 ワオ・コーポレーションは2021年4月、新たに通信制高校「ワオ高等学校」を開校する。高卒資格を取得できる広域通信制の高校で、高校留学やデータサイエンティスト、アントプレナー養成など、「未来を有為に生きるため」の新しい高校教育を展開する。

教育・受験 中学生
ワオ高等学校
  • ワオ高等学校
  • ワオ高等学校の学びを体験(体験取材動画より)
  • ワオ高等学校の学びを体験(体験取材動画より)
  • ワオ高等学校の学びを体験(体験取材動画より)
  • ワオ高等学校の学びを体験(体験取材動画より)
  • ワオ高等学校の学びを体験(体験取材動画より)
  • ワオ高等学校の学びを体験(体験取材動画より)
  • ワオ高等学校 山本潮校長(体験取材動画より)
 全国47都道府県で学習塾を展開するワオ・コーポレーションは2021年4月、新たに通信制高校「ワオ高等学校」を開校する。高卒資格を取得できる広域通信制の高校で、高校留学やデータサイエンティスト、アントプレナー養成など、「未来を有為に生きるため」の新しい高校教育を展開する。

 「ワオ高等学校」は、「能開センター」や「個別指導アクシス」などの学習塾を47都道府県で展開するワオ・コーポレーションが新たに開校する、従来の通信制高校の概念を覆すまったく新しいオンライン高校。教育の本質を「自ら学び、自ら考え、自ら判断できる自由な人になるため」と定義し、「学びに、自由を」のテーマのもと、オンラインを活用して場所も、時間も、 内容も、自由にデザインできる新しい学びのスタイルを提供する。

 本校は岡山県に置くが、全国どの地域からでも入学可能。日常的な授業はすべてオンラインで行い、原則として年2回のスクーリングのみ岡山本校に登校する。国語や数学といった卒業単位科目となる通常の基礎科目のほかに、オリジナル科目としての教養探究「哲学」「科学」「経済」や、英語実践A・B・Sなどを実施する。一方通行の授業ではなく、生徒が主体的に考え、生徒同士の対話を通じて学びの質を高め合うオンラインアクティブラーニングを実践していく。

 また、将来に直結する学びとして4つのオプションプログラム(課外活動)を用意。大学進学を目指す「大学受験対策プログラム」。将来仕事で使える英語力と世界基準の教養の獲得を目指す「高校留学・海外大学進学支援プログラム」。社会環境の変化に適応しながら自身の力でキャリアを形成できる力「働き方の教養(基礎体力)」を身に付ける「アントレプレナー養成プログラム」。プログラミング×ビジネス×数学を兼ね備えたトップAI人材を養成する「データサイエンティスト養成プログラム」の4つの特別教育で、従来の教育のスタイルである唯一の正解を求める教育からの脱却を図る。

 ワオ高等学校は単位制・広域通信制課程、普通科の学校教育法第1条に定められた高等学校として開校。必要な単位を3年間の間にいつ、どの教科で履修するのかも自由に選択でき、卒業時には全日制高校と同じく「高等学校普通科」卒業資格が与えられる。

 現在、12月10日まで特別入試A日程の出願受付中。面接期間は12月16日から20日まで。その後、特別入試B日程は2021年1月5日から14日に出願受付、1月20日から24日に面接実施。一般入試I期は1月18日から2月11日に出願受付、2月17日から21日に面接を実施。一般入試は、II期、lll期まで予定している。

 ワオ高等学校の山本潮校長はインタビューの中で、「本来の学ぶ目的は『試験に出るから』ではなく、『未来を有為に生きるため』です。そのためワオ高等学校では、未来を切り拓く力としての教養をメインにすえました。『哲学』『経済』『科学』をオリジナル講座として本物の社会を考える力を養います」とメッセージを発している。ワオ高等学校の詳細や入学案内、相談会などについてはWebサイトで確認できる。

《畑山望》

この記事はいかがでしたか?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

【注目の記事】

特集

編集部おすすめの記事

特集

page top