大学拠点接種、文科大臣がメッセージ発表

 新型コロナウイルス感染症ワクチンの大学拠点接種について、文部科学省の萩生田光一大臣は2021年6月22日、メッセージを発表した。大学拠点接種を行うにあたり、本人の意思の尊重、同調圧力や不当な扱いの禁止、接種後の感染予防策継続を呼び掛けている。

教育業界ニュース 文部科学省
萩生田光一文部科学大臣記者会見(2021年6月22日)
  • 萩生田光一文部科学大臣記者会見(2021年6月22日)
 新型コロナウイルス感染症ワクチンの大学拠点接種について、文部科学省の萩生田光一大臣は2021年6月22日、メッセージを発表した。大学拠点接種を行うにあたり、本人の意思の尊重、同調圧力や不当な扱いの禁止、接種後の感染予防策継続を呼び掛けている。

 文部科学省は、新型コロナウイルス感染症ワクチンの接種にあたり、地域の負担を軽減し、接種を加速化するため、自治体接種に影響を与えない範囲で、医療従事者や会場等を自ら確保することを前提に、大学等におけるワクチン接種「大学拠点接種」を推進。6月21日から、17大学で接種が開始した。今後も準備が整った大学から順次、拠点となる大学が拡大していく見通し。

リシードで全文を読む
《奥山直美》

この記事はいかがでしたか?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

【注目の記事】

特集

特集

page top