子どもの勉強時間、母親が家庭学習に関わるほど長い傾向 2枚目の写真・画像

 厚生労働省は2019年5月15日、2010年出生児を対象とした「21世紀出生児縦断調査」の第8回(2018年)の結果を公表した。母親の家庭学習への関わりが多い方が子どもの勉強時間が長い傾向にあったほか、両親の読書習慣が子どもの読書量に影響を与えていることがわかった。

教育・受験 小学生
出産1年前の就業状況別にみた母の就業状況の変化・世代間比較
画像出典:厚生労働省「第8回21世紀出生児縦断調査(平成22年出生児)」 出産1年前の就業状況別にみた母の就業状況の変化・世代間比較

編集部おすすめの記事

特集

page top