両親が早婚、子どもも20-24歳に結婚希望…厚労省13年間の追跡調査

生活・健康 未就学児

対象児の出生順位別にみた保護者の育児負担感得点の平均
  • 対象児の出生順位別にみた保護者の育児負担感得点の平均
  • 第1回調査時点の同居の家族構成別にみた保護者の育児負担感得点の平均
  • 第7回調査時点の通院の理由となった疾病別にみた保護者の育児負担感得点の平均
  • 対象児が結婚を希望する時期の分布(第13回調査)
  • 対象児が最初の子どもを持つことを希望する時期の分布(第13回調査)
 厚生労働省は3月28日、「21世紀出生児縦断調査(平成13年・2001年出生児)」について、特別報告を発表した。同一個人約3万人を13年にわたり追跡縦断調査する内容で、今回は、このデータを改めて分析した結果をとりまとめ、報告を行った。

 おもな項目として、「幼児期の歯磨き習慣、食生活習慣等とその後のう歯(虫歯)との関係」「乳児期の受動喫煙の有無と成長の関係」「子どもの生活環境、健康状態が保護者の育児負担感に与える影響」「結婚などを希望する時期に対する中学1年生の意識」について分析を行った。

 このうち、「子どもの生活環境、健康状態が保護者の育児負担感に与える影響」において、出生順位別では、保護者の育児負担感は第1子、第2子、第3子以降の順に強い傾向が見られた。また、出生順位に関係なく、双子、三つ子などの多胎児の場合、乳幼児期において保護者の育児負担感が強い傾向も見られた。

 同居の家族構成別では、「両親と祖父母」世帯と「両親のみ」世帯を比較すると、第1回調査(生後6か月)と第4回調査(3歳6か月)~第6回調査(5歳6か月)では「両親のみ」世帯において、保護者の育児負担感得点が高い傾向が見られた。「両親と祖父母」世帯に比べて「両親のみ」世帯の場合、保護者は「子育てによる身体の疲れが大きい」「子育てで出費がかさむ」「仕事や家事が十分にできない」などの項目を選択する割合が多かった。

 健康状態別では、小学校入学前後に通院経験がある場合、保護者の育児負担感が強い傾向があり、通院理由順では調査全回で「ぜんそく」「先天性の病気」「食物アレルギー」の順だった。

 次に「結婚・最初の子どもを持つことを希望する時期に対する中学1年生の意識」において、結婚を希望する時期では、女児よりも男児のほうが「具体的にはまだ考えていない」を選択する割合が高かった。また、自分自身が生まれたときの両親の年齢が低いほど、10代または20~24歳で結婚することを希望する割合が高い傾向が見られた。また保護者が「子どもがいてよかったと思うこと」を数多くあげているほど、対象児は最初の子どもを持つことを希望する時期について、具体的に考えている割合が高かった。
《冨岡晶》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)