【全国学力テスト】理科含む3教科、H30年度実施は4/17…リーフレット公開

 文部科学省は平成29年12月21日、平成30年度(2018年度)全国学力・学習状況調査(全国学力テスト)のリーフレットを公開した。実施日は平成30年4月17日。全国の小学6年生と中学3年生を対象に国語、算数・数学、理科の3教科を調査する。

教育・受験 小学生
平成30年度全国学力・学習状況調査リーフレット(A3版)
  • 平成30年度全国学力・学習状況調査リーフレット(A3版)
  • 平成30年度全国学力・学習状況調査リーフレット(A3版)
 文部科学省は平成29年12月21日、平成30年度(2018年度)全国学力・学習状況調査(全国学力テスト)のリーフレットを公開した。実施日は平成30年4月17日。全国の小学6年生と中学3年生を対象に国語、算数・数学、理科の3教科を調査する。

 全国学力・学習状況調査(全国学力テスト)の実施は、全国的な児童生徒の学力や学習状況を把握・分析し、教育施策や教育施策の改善などに役立てることが目的。国公私立学校の小学6年生と中学3年生、原則として全児童生徒を対象とする。

 平成30年度は、平成24年度から3年ごとに実施している理科が加わり、「国語」「算数・数学」「理科」の3教科で実施する。国語と算数・数学には主として「知識」に関する問題Aと、主として「活用」に関する問題Bがあり、理科はAB問題を一体的に問う内容となる。

 時間割は、小学校が国語A、算数Aを各20分、国語B、算数B、理科を各40分。中学校が国語A、国語B、数学A、数学B、理科いずれも各45分。このほか、生活習慣や学習環境などに関する質問紙調査が、児童生徒と学校を対象に行われる。

 リーフレットには、過去の問題例として平成29年度の小学校・算数B、中学校・国語B、平成27年度の小学校と中学校の理科の問題と正答、出題の趣旨を掲載。公表する調査結果のグラフ例、各児童生徒に提供する「個人票」のイメージも載せている。

 また、国立教育政策研究所(NIER)のWebサイトでは、授業アイデア例や理科の学習指導の改善・充実に関する資料、全国学力テストで特徴的な結果を示した学校における取組み事例集などを参考にできる。
《奥山直美》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)