【中学受験2018】都内難関校の出願状況(1/20時点)女子学院、初日で前年超え

教育・受験 小学生

四谷大塚の出願倍率速報と入試結果
  • 四谷大塚の出願倍率速報と入試結果
  • 女子学院の出願速報(2018年1月20日16時時点)
 四谷大塚ドットコム入試情報センターは2018年1月20日、2018年度私立中学入試について都内難関校の初日の出願状況を公表した。1月20日午後4時時点の女子学院の出願者数は684名で、すでに前年(2017年度)の最終出願者数を上回っている。

 願書受付初日となる1月20日午後4時時点の出願者数は、麻布が651人(前年最終出願者数967名)、駒場東邦427名(同532名)、武蔵443名(同592名)、桜蔭487名(同516名)、女子学院684名(同676名)、雙葉278名(同366名)。なお、開成については1月22日夕方ごろに公表予定だという。

 出願期間は、武蔵と桜蔭、女子学院が1月24日まで、麻布と雙葉が1月25日まで、駒場東邦が1月26日まで。開成は1月20日に郵送(期日指定)、1月22日に窓口で願書を受け付ける(午前10時に受付終了)。試験は各校とも2月1日に実施。合格発表は、女子学院と雙葉、桜蔭、駒場東邦が2月2日、麻布と武蔵、開成が2月3日に行う。

 四谷大塚ドットコム入試情報センターのWebサイトでは、学校名やエリアなどから学校を検索して出願状況速報が確認できる。中学受験の出願速報はこのほか、日能研や首都圏模試センター、サピックス小学部、市進などでもWebサイトで公表している。
《奥山直美》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)