Apple、無料プログラミング講座「Hour of Code」全直営店で12/1-14

 Appleは2018年12月1日から14日までの期間、全国の全直営店において「Hour of Code」のプログラミング講座を開催する。小中学生を中心に、初心者から経験者まで参加できるさまざまなプログラムを実施。11月26日よりWebサイトで申込受付を開始した。

教育ICT 小学生
Hour of Code(イメージ)
  • Hour of Code(イメージ)
  • Hour of Code(イメージ)
  • Hour of Code
 Appleは2018年12月1日から14日までの期間、全国の全直営店において「Hour of Code」のプログラミング講座を開催する。小中学生を中心に、初心者から経験者まで参加できるさまざまなプログラムを実施。11月26日よりWebサイトで申込受付を開始した。

 Hour of Codeは、プログラミングの先駆者グレース・ホッパーの誕生日とコンピュータサイエンス教育週間を記念して、Apple全直営店で実施するプログラミング体験講座。さまざまなスキルレベルの子どもたちにプログラミングを体験し、学ぶきっかけを与えることを目的に開催する。

 期間中、6歳から12歳を対象としたロボットプログラミング体験「Kids Hourセッション」や、12歳以上を対象とした「プログラミングを始めよう」「Swift Playgroundsでロボットをプログラミングしよう」、5歳から18歳までを対象としたAppleのプログラミング教材について学ぶ教育者向けの「Teacher Tuesdays」など、多岐にわたるプログラムを連日開催する。

 申込みはAppleのWebサイト内「Today at Apple」から参加を希望する店舗を選び、日時・プログラムから選択して申し込む。

 また、トップレベルのアプリケーションを創り出すためにプロのデベロッパーも利用しているAppleのプログラミング言語「Swift」については、「Swift Playgrounds」などを使用して教室でプログラミング講座を開く教育者を支援するために「Hour of Codeファシリテーターガイド」を作成。AppleのWebサイト内「教育」から無料でダウンロードできるようにした。さらに、8歳以上の児童・生徒を対象としたプログラミング教室を始めるのに必要なツールを揃えた「Swift Coding Clubキット」も新たに発表。Apple直営店での学びの機会だけでなく、より多くの児童・生徒・学生にプログラミング教育の機会を提供する。

◆Hour of Code
日程:2018年12月1日(土)~12月14日(金)
場所:Apple銀座、Apple渋谷、Apple新宿、Apple表参道、Apple仙台一番町、Apple名古屋栄、Apple京都、Apple心斎橋、Apple福岡天神
参加費:無料
対象:6歳以上(プログラムにより異なる)
申込方法:AppleのWebサイト内「Today at Apple」から参加を希望する店舗を選び、日時・プログラムから選択して申し込む
《畑山望》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)