「未来の教育コンテンツEXPO2019」12/21-22

 未来の教育コンテンツEXPO実行委員会は2019年12月21日と22日の2日間、教育関係者・保護者・生徒などを対象に、「未来の教育コンテンツEXPO2019(ミラコン2019)」を東京都文京区にある村田女子高等学校で開催する

教育業界ニュース イベント・セミナー
未来の教育コンテンツEXPO2019
  • 未来の教育コンテンツEXPO2019
  • 未来の教育コンテンツEXPO 2018年のようす
  • 未来の教育コンテンツEXPO 2018年のようす
 未来の教育コンテンツEXPO実行委員会は2019年12月21日と22日の2日間、教育関係者・保護者・生徒などを対象に、「未来の教育コンテンツEXPO2019(ミラコン2019)」を東京都文京区にある村田女子高等学校で開催する。

 「未来の教育コンテンツEXPO」は、2018年に初めて開催された、国内最大級の教育コンテンツを紹介するイベント。2019年は、「学びのカタチ 進歩と調和」をテーマに、AI、SDGs、5G、プログラミング、アクティブ・ラーニング、入試改革、ブロックチェーンなど、それぞれの未来の教育に関わるテーマを設け、実践・研究している教育者や企業などが集まる。

 教育コンテンツの「今」そして「未来」に関する展示と、実際に体験できる場と機会を用意しており、教育コンテンツの未来について、具体的なイメージを描くことができる。

 2018年は教育系NPO、中高生、大学生、企業の担当者、など幅広い層が参加し、参加者は2日間で2,000人を超えた。今回の出展団体は、AI、ICT、プログラミング、ロボット、VR、AR、英語教育、映像など幅広いコンテンツを用意。基調講演やシンポジウム、ワークショップのほか、ポスターセッション、教室でのセミナー・ブース展示など合計100以上のプログラムを実施する予定だという。

 当日は、「基調講演・シンポジウムゾーン」「教室セミナー・展示ゾーン」「研究・実践事例ゾーン」「体感型ワークショップゾーン」「情報交換ネットワーキングゾーン」の5つのゾーンに分かれており、情報収集・情報交換・体験、ネットワーキングなどを行うことができる。

 2019年8月末時点での基調講演登壇者は、赤堀侃司氏・岡本健氏・狩野晶子氏・小金丸大和氏・三遊亭鳳月氏・根岸雅史氏・三宅陽一郎氏など。未来の教育を牽引する研究者・実践者・イノベーターの先進事例を紹介する。当日のタイムスケジュールは、Webサイトに11月掲載予定。

 入場料は無料。有料コンテンツの事前申込み、当日ボランティアの申込み、無料発表枠の申込み、イベントの詳細の確認はWebサイトにて行える。

◆未来の教育コンテンツEXPO2019
日時:2019年12月21日(土)、22日(日)9:30~17:30
※懇親会は18:00~20:00
会場:村田女子高等学校(東京都文京区本駒込2丁目29-1)
対象:教育関係者・保護者・生徒・自治体/教育委員会担当者・企業研修/人材育成担当者・塾・予備校・通信教育など
入場料:無料
※基調講演・シンポジウム有料
【1日券】1,500円(当日券2,000円)
【2日券】2,500円
※高校生以下は無料
※ワークショップ参加は一部有料(随時更新)
※交流会1,000円(当日申込みは1,500円)
申込方法:Webサイトにて申し込む
《鈴木あさり》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)