ドローンで“空飛ぶ移動体通信”実現…日本工業大学 平栗健史教授に聞く日本の未来 4枚目の写真・画像

 創立110周年にあたる2017年、日本工業大学(NIT)は3学部6学科2コースへ学部学科改編を行うこと決定した。基幹工学部の平栗健史教授に聞く研究内容や、日本工業大学の特徴的なカリキュラムを通し、エンジニアを育むNITならではの学びの特徴を紐解こう。

教育・受験 高校生
一方、図3(b)に示す提案手法は、Massive MIMOの空間多重リンクを用いると、複数の経路を同時に構築できます。各リンクの伝送速度が低くてもリンクを束ねれば、総合的に大容量の情報が伝送できます(10多重リンクなら10倍の20Mbps)。Massive MIMOは、数十本のアンテナを利用して多数の指向性(マルチビーム)を形成します。ただし、メッシュネットワークに適用するためには、相互干渉が生じないように、直交したビームを形成し、干渉除去を行うことや、多角度に電波を放射する3次元ビーム形成をする必要があります。
一方、図3(b)に示す提案手法は、Massive MIMOの空間多重リンクを用いると、複数の経路を同時に構築できます。各リンクの伝送速度が低くてもリンクを束ねれば、総合的に大容量の情報が伝送できます(10多重リンクなら10倍の20Mbps)。Massive MIMOは、数十本のアンテナを利用して多数の指向性(マルチビーム)を形成します。ただし、メッシュネットワークに適用するためには、相互干渉が生じないように、直交したビームを形成し、干渉除去を行うことや、多角度に電波を放射する3次元ビーム形成をする必要があります。

編集部おすすめの記事

特集

page top