文科省、H23私立幼・小・中・高の初年度納付金…高校の平均708,202円

教育・受験 その他

平成23年度私立高等学校等の生徒等納付金平均額
  • 平成23年度私立高等学校等の生徒等納付金平均額
  • 生徒等納付金平均額の比較
  • 平成23年度私立高等学校等の受験料平均額
  • 都道府県別の平均額(平成21年度〜23年度)
 文部科学省は、「平成23年度私立高等学校等授業料等の調査結果」についてホームページに公開した。

 同調査は、都道府県の協力により、平成23年度の私立の幼稚園、小学校、中学校および高等学校(全日制)における入学時の初年度生徒等納付金の一人当たりの平均額(年額)についてとりまとめたもの。

 幼稚園では、343,677円(授業料255,692円、入学料52,419円、施設整備費等35,566円)。小学校では786,739円(授業料411,639円、入学料185,340円、施設整備費等189,760円)。中学校では771,238円(授業料400,515円、入学料186,372円、施設整備費等184,351円)。全日制高等学校では708,202円(授業料376,588円、入学料160,856円、施設整備費等170,758円)となっている。

 納付金平均額は、幼稚園で1.1%、小学校で0.2%それぞれ上昇しているが、中学校で0.6%、高等学校で0.7%減少している。

 また、平成23年度の受験料平均額は、幼稚園で2,177円(0.09%減)、小学校で16,831円(1.02%減)、中学校で17,688円(0.02%減)、高等学校で15,995円(2.05%減)となっている。

 なお、文部科学省のホームページには、平成21年度から23年度までの私立高校における都道府県別の授業料などの平均額をまとめた一覧表も公開されている。それによると、平成23年度における授業料、入学料、施設整備費等を合計した初年度納付金額がもっとも高いのは東京都の877,675円。以下、神奈川県の867,263円、福井県の861,044円、兵庫県の804,567円、京都府の802,023円、埼玉県の800,239円、茨城県の796,174円、大阪府の775,115円、徳島県の771,667円の順に高くなっている。
《前田 有香》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)