母親の7割以上がしている「貯蓄」その目的は? 4枚目の写真・画像

 子どもの将来のために「貯蓄している」という母親が7割を超えることが6月10日、博報堂こそだて家族研究所の調査結果から明らかになった。貯蓄の目的は「学費」がダントツで多く、妊娠中や乳児期のかなり早い段階から貯蓄を始めている人が多数を占めた。

生活・健康 保護者
お金を準備する目的
お金を準備する目的

編集部おすすめの記事

特集

page top