生活調査に関するニュースまとめ一覧

外国人留学生、コロナ禍以降初めて増加…最多国は中国 画像
教育・受験

外国人留学生、コロナ禍以降初めて増加…最多国は中国

 文部科学省は2024年5月24日、「外国人留学生在籍状況調査」結果と「日本人の海外留学者数」について公表した。2023年5月1日現在の外国人留学生数は27万9,274人で、前年度比20.8%増とコロナ禍以降初めて増加に転じた。日本人学生の海外留学も引き続き回復傾向。

首都圏版、住みたい街「駅」6年連続「自治体」2年連続の1位は 画像
生活・健康

首都圏版、住みたい街「駅」6年連続「自治体」2年連続の1位は

 大東建託は2024年5月15日、いい部屋ネット「住みたい街ランキング2024」首都圏版を発表した。住みたい街(駅)は6年連続で「吉祥寺(JR中央線)」、住みたい街(自治体)は2年連続で「東京都港区」がトップとなった。

母親の4割、子供の身体的な成長に不安…運動や栄養は? 画像
生活・健康

母親の4割、子供の身体的な成長に不安…運動や栄養は?

 スリーエー・ライフは2024年5月16日、「子どもの成長」に関する調査結果を発表した。母親の半数が自身の幼少期と比較して運動が不足していると感じており、子供の栄養状態についても理解しきれていないことがわかった。

首都圏版、住みここち1位「駅」4年連続「自治体」6年連続 画像
生活・健康

首都圏版、住みここち1位「駅」4年連続「自治体」6年連続

 大東建託は2024年5月15日、いい部屋ネット「街の住みここちランキング2024」首都圏版を発表した。住みここち(駅)は4年連続で「みなとみらい」、住みここち(自治体)は6年連続で「東京都中央区」がトップとなった。

消滅可能性自治体の住みここち、濃密な人間関係が影響か 画像
生活・健康

消滅可能性自治体の住みここち、濃密な人間関係が影響か

 大東建託は2024年5月15日、いい部屋ネット「街の住みここちランキング2023」の自治体別データ集と総評レポートを公開した。レポートでは「消滅可能性自治体と住みここちおよび幸福度の関係」を分析。すでにある濃密な人間関係が、消滅可能性自治体の評価に影響していることが示唆された。

千葉県ネットパトロール、中高生の問題ある書き込み急増 画像
デジタル生活

千葉県ネットパトロール、中高生の問題ある書き込み急増

 千葉県は2024年5月10日、2023年度青少年ネット被害防止対策事業(ネットパトロール)の実施結果を公表した。問題のある書き込み人数は1,113人と、前年度の約3.5倍に急増。自分自身の個人情報を公開する「レベル1」の補捉範囲を広げたことで、書き込み人数が大きく増加した。

子供の数は43年連続で減少…過去最少1,401万人 画像
生活・健康

子供の数は43年連続で減少…過去最少1,401万人

 総務省は2024年5月4日、子供の数を発表した。15歳未満の人口は1,401万人で、43年連続で低下し、過去最少を更新。総人口に占める子供の割合は11.3%で、1975年から50年連続で低下した。

幼児の外遊び、平日の園外は半数が「まったくしない」 画像
生活・健康

幼児の外遊び、平日の園外は半数が「まったくしない」

 笹川スポーツ財団は2024年4月26日、「幼稚園・保育園以外における幼児の運動実施の実態調査」の結果を公開した。幼児(3~6歳)の1割弱が園外での外遊びをまったくしておらず、平日に限ると約半数が外遊びをしていないことがわかった。

自転車ヘルメット着用率3割近くまで向上…東京都調査 画像
生活・健康

自転車ヘルメット着用率3割近くまで向上…東京都調査

 自転車ヘルメットの着用率(着用している、時々着用しているの合計)は27.0%と、前年度調査時に比べ大きく向上していることが、東京都が実施した2023年度(令和5年度)「自転車等の安全利用に関する調査」結果から明らかになった。特に女性や若年層での着用率が向上している傾向にある。

小中高生の約2割、SNSで知らない人とやり取り…東京都調査 画像
生活・健康

小中高生の約2割、SNSで知らない人とやり取り…東京都調査

 スマホを持たせている小・中・高校生の保護者の約2割が、子供がSNSなどを通じて知らない人とやりとりしたことがあると答えたことが、東京都が実施した「2023年度家庭での青少年のスマートフォン等利用等調査」より明らかになった。

多様性配慮、北海道立高校84.8%「制服の規定」見直し 画像
生活・健康

多様性配慮、北海道立高校84.8%「制服の規定」見直し

 北海道教育委員会は2024年4月16日、2023年度(令和5年度)道立高等学校の制服に関する調査の結果を取りまとめ公表した。性的マイノリティへの配慮を理由に「男子スカート」「女子スラックス」の着用を認める学校が増加。84.8%が制服の規定を見直している(予定含む)。

【GW2024】子供とお出かけ予測、ピークは連休後半5/3前後 画像
趣味・娯楽

【GW2024】子供とお出かけ予測、ピークは連休後半5/3前後

 国内最大級のお出かけ情報サイト「いこーよ」を運営するアクトインディは2024年4月17日、「2024年GWお出かけ調査レポート」を発表した。お出かけのピークは5連休後半5月3日とその前後日と予測した。人気のお出かけ先は「公園」が圧倒的多数となった。

【高校受験】志望校の選択は「受験生本人が主導」8割超 画像
教育・受験

【高校受験】志望校の選択は「受験生本人が主導」8割超

 栄光が運営する進学塾・栄光ゼミナールは2024年4月16日、「受験生アンケート」の結果を公表した。志望校や併願校などの選択は8割超の家庭で「受験生本人」が決めており、志望校選びで重視するのは、受験生・保護者とも「学校の教育方針・校風」が7割超を占めることがわかった。

小中学生の9割、音楽を聴く手段にYouTubeを利用 画像
生活・健康

小中学生の9割、音楽を聴く手段にYouTubeを利用

 ニフティは2024年4月11日、運営する子供向けサイト「ニフティキッズ」にて、2月~3月に実施した「エンタメコンテンツ」についてのアンケート結果を公表した。動画配信サービスでは、YouTubeを利用して音楽を視聴する小中学生が多い実態が明らかになった。

【中学受験】半数の家庭、志望校の選択は「子供主体」 画像
教育・受験

【中学受験】半数の家庭、志望校の選択は「子供主体」

 栄光が運営する進学塾・栄光ゼミナールは2024年4月16日、「受験生アンケート」の結果を公表した。志望校や併願校などの選択は約半数の家庭が「子供主体」で決めており、志望校選びで重視するのは、受験生・保護者とも「学校の教育方針・校風」が約8割を占めることがわかった。

私大自宅外生の初年度費用総額、年収の3分の1超…負担感増 画像
教育・受験

私大自宅外生の初年度費用総額、年収の3分の1超…負担感増

 2023年度に京都の私立大学に入学した自宅外生の初年度費用が、総額294万5,172円と、家計年収の約3分の1を超える割合となったことが、京都私立大学教職員組合公費助成推進会議が2024年4月10日に公表した調査結果から明らかになった。学費の上昇は物価高騰を上回っているとの意見もあり、家計への負担感は切実に増していることがうかがえる。

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 10
  8. 20
  9. 30
  10. 40
  11. 50
  12. 最後
Page 1 of 151
page top