生活調査に関するニュースまとめ一覧(10 ページ目)

2022年東京都の新成人人口、前年より3千人減少 画像
生活・健康

2022年東京都の新成人人口、前年より3千人減少

 東京都は2021年12月22日、2022年(令和4年)の「年男・年女人口」および「新成人人口」の人口推計を発表。2022年1月1日時点における東京都の年男は52万9千人、年女は55万人。新成人人口は11万7千人で、前年と比べて3千人減少した。

卒業式は「リアル」希望…大学4年生アンケート 画像
生活・健康

卒業式は「リアル」希望…大学4年生アンケート

 学情は、2022年3月卒業(修了)予定の大学生および大学院生を対象に、卒業についてのインターネットアンケートを実施した。卒業式は「リアル」で実施したいと回答した学生が76.8%で、卒業までに取り組みたいことの1位は「ゼミ・卒業論文」だった。

0~2歳までの子供の就寝時刻、理想と現実の差が明らかに 画像
生活・健康

0~2歳までの子供の就寝時刻、理想と現実の差が明らかに

 0から2歳までの子供を持つ家庭における「睡眠」に関する課題について調査したところ、7割の親が午後9時までに子供を寝かせたいのに対し、実際に寝かせることができているのは5割以下であることが、江崎グリコが2021年12月13日に公表した調査結果から明らかになった。

2022年成人式、埼玉県7割超の市町村1/9実施…中止なし 画像
生活・健康

2022年成人式、埼玉県7割超の市町村1/9実施…中止なし

 埼玉県は2021年12月20日、2022年の成人式に関する調査結果を公表した。県内63市町村のうち、46市町村が1月9日、17市町が1月10日に成人式を実施する。2021年は成人式を中止した自治体もあったが、2022年に「中止する」と回答した自治体はなかった。

インフルエンザ「予防接種しようとは思わない」60.4% 画像
生活・健康

インフルエンザ「予防接種しようとは思わない」60.4%

 新型コロナワクチンの3回目接種が話題となる中、NEXERが運営する日本トレンドリサーチは、インフルエンザ予防接種に関するアンケート結果を公開。2021年は、60.4%がインフルエンザ予防接種を「しようと思わない」と回答した。

教育水準の高さ自慢、2年連続1位は「福井県」 画像
教育・受験

教育水準の高さ自慢、2年連続1位は「福井県」

 「教育水準の高さ自慢」で「福井県」が2年連続の1位となったことが2021年12月15日、ソニー生命保険の「47都道府県別 生活意識調査2021」の結果からわかった。子育てしやすさ自慢は、前年1位の「福井県」を抑えて、「宮崎県」がトップとなった。

子供の習い事の月謝…平均1,898円、最高6万9,400円 画像
教育・受験

子供の習い事の月謝…平均1,898円、最高6万9,400円

 シークが運営する、子供の習い事メディア「SUKU×SUKU(スクスク)」は、延べ1,008人の保護者を対象に、全56ジャンルの習い事についてのアンケートを実施した。習い事の平均月謝は1,898円で、最高額が6万9,400円、最低額は0円であった。

年賀状、出した人の割合「沖縄」が最少…最多は? 画像
生活・健康

年賀状、出した人の割合「沖縄」が最少…最多は?

 ソースネクストは、2021年11月に「47都道府県別 年賀状についての実態調査」を実施。年賀状を出している・もらっている割合や、年賀状のデザイン等の実態が明らかになった。

無戸籍の小中学生、全員の就学を確認…文科省調査 画像
教育業界ニュース

無戸籍の小中学生、全員の就学を確認…文科省調査

 2021年5月10日時点で法務省が把握している無戸籍の学童児童生徒190人のうち、就学が確認できていない53人について文部科学省が調査したところ、すべての児童生徒の就学を確認したことがわかった。就学の徹底ときめ細かな支援に引き続き取り組むよう求めている。

子供の歯並びは生活習慣が影響…歯科医師調査 画像
生活・健康

子供の歯並びは生活習慣が影響…歯科医師調査

 生活習慣が歯並びを悪くしている要因と考える歯科医師が多いことが2021年12月8日、吉祥寺セントラルクリニックの調査結果から明らかになった。普段から柔らかい食べ物を食べていることや「指しゃぶり」「歯ぎしり」といった癖が影響しているという。

高校生が選ぶ2021年の話題・流行ランキング発表 画像
趣味・娯楽

高校生が選ぶ2021年の話題・流行ランキング発表

 TSUBASAグループ アイ・エヌ・ジーは、流行に敏感な関東の高校生男女200名に「2021年の流行に関する調査」を実施した。流行語大賞予想や2021年の印象的だったニュース等をランキング形式で発表している他、2022年に流行る物事も予想している。

子供のSNS利用スキルは年々向上…中学生6割が設定可能 画像
デジタル生活

子供のSNS利用スキルは年々向上…中学生6割が設定可能

 携帯電話で素早く文字入力できる小中学生は横ばいで推移している一方、SNS利用スキルは小中学生ともに年々向上する傾向にあることが2021年12月9日、NTTドコモ モバイル社会研究所の調査結果より明らかになった。SNSの利用設定が可能な中学生は6割にのぼっている。

私立高校の学費滞納率は過去最低、コロナ理由87人 画像
教育・受験

私立高校の学費滞納率は過去最低、コロナ理由87人

 全国私教連は2021年11月29日、私立中高生の学費滞納と経済的理由による中退調査の結果を公表した。2021年度上半期に3か月以上学費を滞納した私立高校生の割合は0.5%で、過去最低となった。コロナ禍を理由とする私立高校の学費滞納生徒は87人だった。

大卒進路決定率84.2%、就活苦戦で就職者減…旺文社 画像
教育・受験

大卒進路決定率84.2%、就活苦戦で就職者減…旺文社

 旺文社教育情報センターは、旺文社刊行の「大学の真の実力 情報公開BOOK」の調査データをもとにした2021年3月大学卒業者の動向を取りまとめ、12月8日にWebサイトで公表した。2021年の進路決定率は84.2%で、前年より3.5ポイント減少している。

東大・京大生「朝のルーティンあり」73%…1位は運動 画像
生活・健康

東大・京大生「朝のルーティンあり」73%…1位は運動

 現役東大・京大生の73.0%が朝なにかしらのルーティンがあり、1位は「運動・ストレッチ」であることが、auコマース&ライフの調査結果より明らかになった。

家事代行、ファミリー層の9割が満足…女性のキャリア形成にも有効 画像
生活・健康

家事代行、ファミリー層の9割が満足…女性のキャリア形成にも有効

 家事代行マッチングプラットフォームを運営するタスカジは、「家庭内(ジェンダー間)の家事ギャップと家事代行利用の実態調査」の結果を発表した。30~50代の夫婦のみ世帯やファミリー層では、約9割が家事代行利用に満足していることがわかった。

  1. 先頭
  2. 5
  3. 6
  4. 7
  5. 8
  6. 9
  7. 10
  8. 11
  9. 12
  10. 13
  11. 14
  12. 15
  13. 20
  14. 30
  15. 40
  16. 50
  17. 最後
Page 10 of 136
page top