意識調査に関するニュースまとめ一覧(50 ページ目)

「アンパンマン」1位に返り咲き、アナ雪は安定…子ども人気キャラランキング 画像
趣味・娯楽

「アンパンマン」1位に返り咲き、アナ雪は安定…子ども人気キャラランキング

 アイリスオーヤマが運営する情報サイト「アイリス収納・インテリアドットコム」は11月12日、「人気キャラクターランキング2015」を発表した。子どもの総合1位には「それいけ!アンマンマン」が選ばれた。2位は「妖怪ウォッチ」、3位は「アナと雪の女王」だった。

危険薬物…大学生6割が「手に入る」、20人に1人が使用現場目撃 画像
生活・健康

危険薬物…大学生6割が「手に入る」、20人に1人が使用現場目撃

 大学生の20人に1人が薬物使用の現場を直接見た経験を持っていることが11月10日、関西の4大学による共同調査の結果から明らかになった。薬物の入手については、6割の学生が「少々苦労するが、何とか手に入る」または「簡単に手に入る」と考えていた。

厚労省、学生のブラックバイト調査…6割以上がトラブル経験 画像
生活・健康

厚労省、学生のブラックバイト調査…6割以上がトラブル経験

 厚生労働省は11月9日、大学生・大学院生などを対象にしたアルバイトに関する意識調査の結果を公表した。回答者の60.5%が労働条件などで何らかのトラブルがあったと回答し、「賃金不払い」など法令違反の恐れのあるトラブルも明らかになった。

お金の価値が変わる?不況脱却願う…高校生が2020年を予想 画像
生活・健康

お金の価値が変わる?不況脱却願う…高校生が2020年を予想

 5年後の2020年、現在ティーンの高校生は成人し、社会に出て働いている人もいます。東京オリンピック開催もあり、日本にとって、重要な年である2020年ですが、10代は5年後の日本をどう予想しているのでしょうか?

東京オリンピックが留学意欲に影響、学生の多くが「五輪に関わりたい」 画像
教育・受験

東京オリンピックが留学意欲に影響、学生の多くが「五輪に関わりたい」

 EF留学総合研究所が実施した留学経験者の実態調査によると、「東京五輪に関わりたい」と思い留学にチャレンジした学生が多くいることが明らかになり、東京五輪が学生たちの留学意欲(語学学習意欲)に影響を与えていることがわかった。

政治経済に関心のある大学1年生は8割超…マイナンバーや安保法案で高まる 画像
生活・健康

政治経済に関心のある大学1年生は8割超…マイナンバーや安保法案で高まる

 就職ジャーナルが大学1年生に行った調査によると、日本の政治・経済で、気になっていることが「ある」と回答した学生は83.7%。マイナンバー制度や安全保障関連法について、気になっている学生が多いことがわかった。

日本最下位、世界IT知識テスト…10%が手動で不審添付を開封 画像
デジタル生活

日本最下位、世界IT知識テスト…10%が手動で不審添付を開封

 ITセキュリティーソリューションを提供するKaspersky Lab(カスペルスキーラボ)は、世界16か国のネットユーザーを対象に、安全にインターネットを活用する上で必要な知識レベルを測定する「IT知識テスト」を実施。日本は16か国中もっとも知識レベルが低い結果となった。

女子高・大生の96%は「1日1枚以上スマホで撮影」…SNSを意識 画像
デジタル生活

女子高・大生の96%は「1日1枚以上スマホで撮影」…SNSを意識

 フリューが運営する女子高生・女子大生の動向調査・研究機関「ガールズトレンド研究所」は29日、「スマートフォンと娯楽に関する意識調査」の結果を発表した。

紙よりタブレットがいい?女子小学生のまなびを調査 画像
デジタル生活

紙よりタブレットがいい?女子小学生のまなびを調査

 KADOKAWA アスキー・メディアワークスと角川アスキー総合研究所が共同で「子どもライフスタイル調査2015秋」を実施し、調査結果を発表した。調査期間は2015年8月1日から9月19日まで。調査対象は女子小学生。

改善されない自転車マナー、通学の危険ポイント認識に差 画像
生活・健康

改善されない自転車マナー、通学の危険ポイント認識に差

 自転車通学の実態調査では、高校生は悪路などの通学路に危険性を感じ、主婦は生徒同士の並進や傘差し運転、携帯電話やヘッドホンの使用に危険を感じるという意識の違いが明らかになった。

子育て「負担・不安」は7割超、経済的理由が影…厚労省調査 画像
生活・健康

子育て「負担・不安」は7割超、経済的理由が影…厚労省調査

 子どもがいる人の7割以上が「子育てに負担・不安に思うことがある」とし、理由は「出費がかさむ」が最多であることが10月27日、厚生労働省による「人口減少社会に関する意識調査」の結果からわかった。経済的な問題は、孫の育児支援でも制約理由としてもっとも多かった。

未来の乗り物、4人に1人が「ドラえもんのタイムマシン」をイメージ 画像
生活・健康

未来の乗り物、4人に1人が「ドラえもんのタイムマシン」をイメージ

 ヤマハ発動機「TRICITY(トリシティ)」のファンサイト「LMW部」の調査によると、乗り物に期待することや乗り物に対して未来を感じる要素などについて男女間で違いがあることがわかった。女性は機能やデザイン面よりも、環境性能の高さなどを重要視する傾向にあるようだ。

やっておけばよかった習い事…野球より格闘技、武道より書道、1位は? 画像
教育・受験

やっておけばよかった習い事…野球より格闘技、武道より書道、1位は?

 gooランキングは10月19日、「やっておけばよかったと思う習い事ランキング」を発表した。1位は「英会話」、2位は「ピアノ」、3位は「書道」であった。トップ10には、定番として人気のある習い事が数多く入った。

いくつ読めますか? 鎧球、陸蓮根、東西南北…難解ワードランキング発表 画像
生活・健康

いくつ読めますか? 鎧球、陸蓮根、東西南北…難解ワードランキング発表

 10月16日の「辞書の日」に合わせ、辞書サイトを運営するウェブリオが「解読難解なワードに関する調査」を発表した。野菜や動物、魚など10分野で解読難解なワードを調査、野菜では「陸蓮根(オクラ)」、動物では「樹懶(ナマケモノ)」が1位に選ばれた。

私立大生、インターンシップやボランティアへの参加増加 画像
生活・健康

私立大生、インターンシップやボランティアへの参加増加

 日本私立大学連盟の学生委員会学生生活実態調査分科会は、2014年秋に実施した「第14回学生生活実態調査」の分析結果をまとめた「私立大学学生生活白書2015」を刊行した。経済や大学生活、留学、就職など9つの分野について調査している。

1位は浅田真央、小中学生に人気のスポーツ選手…2位に錦織圭 画像
趣味・娯楽

1位は浅田真央、小中学生に人気のスポーツ選手…2位に錦織圭

 バンダイは「小中学生のスポーツに関する意識調査」を実施した。対象は、小学2年生、5年生、中学2年生の子どもを持つ親(子どもと一緒に回答できる)の合計840人。

  1. 先頭
  2. 10
  3. 20
  4. 30
  5. 40
  6. 45
  7. 46
  8. 47
  9. 48
  10. 49
  11. 50
  12. 51
  13. 52
  14. 53
  15. 54
  16. 55
  17. 60
  18. 70
  19. 最後
Page 50 of 85
page top